ClassicWeb-interfaceforSRX利用許諾契約書

このClassicWeb-interfaceforSRX利用許諾契約(以下「本契約」といいます)は、有限会社LEFT(以下「甲」といいます)のお
客様(以下「乙」といいます)と間における、ClassicWeb-interfaceforSRX、関連するソフトウェア部品群、並びにドキュメント
(以下「本ソフトウェア」といいます)に関する契約です。

本ソフトウェアをダウンロード、インストール、もしくは利用することによって、乙は本契約に定める事項に同意したことになります。もし、本契約に同意しな
いのであれば、本ソフトウェアをインストール、或いは利用してはなりません。

本利用許諾契約書の他の規定にかかわらず、本ソフトウェアは「現状のまま」提供され、いかなるサポートも保証も受けることができません。

第1条【本ソフトウェアの許諾および使用権】

乙は本ソフトウェアをダウンロードサイトから取得し、自由に使用できます。

第2条【禁止事項】

乙は次の各号に定める行為を行ってはなりません。

(1)本ソフトウェアから派生するソフトウェアを制作すること

(2)本契約に定める以外の本ソフトウェアの複製

(3)本ソフトウェア又はその複製を如何なる形態においても、第三者に販売、譲渡、ライセンス供与、開示、その他の方法による移転等第三者が使用できるよ
うにすること

(4)本契約において禁止している本ソフトウェアの改造、翻訳、逆コンパイル又は逆解析(リバース・エンジニアリング)を(法律上認めている範囲において
も)行うこと及びそれを試みること

(5)本ソフトウェアを使って、サービスを提供すること

第3条【技術サポート】

本ソフトウェアの利用に関して、技術サポートは提供されません。

第4条【ソフトウェア製品の変更】

甲は、理由の如何によらず、本ソフトウェア製品およびその提供をいつでも任意の理由で、追加、変更、中断、終了することができます。

第5条【無担保・無保証】

本ソフトウェアは、現状有姿の状態で提供され、明示的にも黙示的にも、何らの担保及び保証するものではありません。甲は明示的或いは黙示的であるかを問わ
ず、如何なる種類の担保・保証をも行うものではありません。

本ソフトウェアの品質、性能、インストール、使用に伴うプログラム・エラー、装置の損傷、データやソフトウェア・プログラムの消失、不稼動及び中断等一切
のリスクは、乙の負担とします。本ソフトウェアの使用に関する適切性の判断は、乙の責任で行うものとし、その使用による一切のリスクは、乙の負担としま
す。

第6条【免責】

本ソフトウェアの使用から及びその他本ソフトウェアに関わり発生する如何なる直接的、間接的、偶発的、例外的、結果的、懲罰的損害についての責任から一切
免責することに同意します。

第7条【期間・終了・改訂】

本契約は、何れの当事者も、何時にても本契約を終了することができます。もし乙が本契約の利用許諾に従わなかった場合、本契約は書面による通知なしで、自
動的に終了します。終了と同時に、乙に与えられていた利用許諾は全て終了し、乙は直ちに本ソフトウェアの一切の利用を中止し、本ソフトウェアをアンインス
トールし、乙が入手並びに作成したすべての複製を破棄するものとします。

もし甲が本ソフトウェアもしくは本契約を変更した場合、乙は本契約を終了し、本ソフトウェアの利用を停止することができます。

第8条【一般規定】

(1)本契約は、本ソフトウェアに関する甲の全ての責任および乙の唯一の法的救済を定めるものであり、本ソフトウェアに関するいかなる注文書の条件、その
他のやり取り、または広告にも優先します。乙は、本契約が本ソフトウェアに関する甲と乙の間の完全な合意を構成するものであり、他に本ソフトウェアに関す
る事前もしくは同時期の了解事項、約束、表明事項、または記述が存在しないことを承認するものとします。

(2)本契約における条文表題および番号は、便宜上のもので、法的効果はありません。

(3)いずれの当事者が本契約に定められたそれぞれの権利を行使しまたは執行しない場合であっても、これらの権利を放棄したことにはなりません。本契約の
変更または本契約上の権利の放棄は、かかる変更または放棄の主張を受ける当事者が作成した書面によってのみ行うことができます。

(4)本契約のいずれかの条項が違法または執行不能と判断された場合、認められる最大限の範囲内で執行され、本契約の他の条項の適法性および執行可能性に
影響を与えるものではありません。

(5)本契約は、日本法を準拠法とし、同法に従って解釈します。

有限会社LEFT2014年6月更新